スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<JR>京浜東北線に遅れ 線路脇に男性遺体 さいたま(毎日新聞)

 10日午前7時半ごろ、さいたま市浦和区東岸町のJR京浜東北線の線路脇で、男性が倒れているのを運転士が見つけた。県警浦和署によると、男性は40歳ぐらいで既に死亡しており、後頭部に傷があり死後数時間とみられることから、同日未明から早朝にかけ、軌道敷地のフェンス(高さ1.8メートル)を乗り越えようとして転落したとみられる。京浜東北線は大宮-大船間で一時上下線の運転を見合わせ、29本が運休、22本が最大1時間20分遅れ、約6万6000人に影響した。【山本愛】

<菅首相会見>その1「政治の役割は最少不幸の社会を作ること」(毎日新聞)
<菅首相>13日にも出身地山口へ(毎日新聞)
満額支給は困難=11年度子ども手当―長妻厚労相(時事通信)
新内閣の平均年齢59・0歳、1・7歳若返り(読売新聞)
<平沢元死刑囚>代表作「狩勝大観」、遺族が発見(毎日新聞)
スポンサーサイト

高校でO157集団感染=生徒220人症状訴える―三重(時事通信)

 三重県は2日、全寮制の日生学園第二高校(津市)で、生徒421人のうち220人と職員1人が腹痛や吐き気などの食中毒症状を訴え、うち5人から病原性大腸菌O157が検出されたと発表した。県によると、生徒15人が入院しているという。 

【関連ニュース】
調査段階で販売自粛要請=チェーン店の広域食中毒対策
弁当で集団食中毒=業者に営業停止命令
事故情報を手軽に検索=データバンク、4月1日稼働
輸入食品の検査を強化=中毒事件受け、情報一元化も
日本人ツアー客が機内で腹痛=離陸直前に発症、24人入院

<事業仕分け>「各省版」スタート 政務三役の「通信簿」(毎日新聞)
シー・シェパード 元船長、活動「引退」示唆 地裁公判(毎日新聞)
<不正流用>ローソン子会社の元専務ら逮捕へ…特別背任容疑(毎日新聞)
首相は近日中に退陣=社民・又市副党首(時事通信)
宮川大助、花子さん 米子で大山ウオークPR(産経新聞)

<山崎飛行士>鳩山首相を表敬訪問(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日、首相官邸で、国際宇宙ステーション(ISS)に約2週間滞在した山崎直子宇宙飛行士の表敬訪問を受けた。山崎さんは模型を使ってISSの仕組みなどを説明し、首相は「ミッション達成おめでとう」とねぎらった。山崎さんが「有人宇宙船が米国、ロシア、中国の3カ国にしかない」と話すと、「日本はやらないのかね」と、宇宙開発に関心を示したという。

【写真特集】「きれいなお姉さん」系から「きれいなママ系」へ 宇宙飛行士・山崎直子さんの軌跡

【関連ニュース】
【写真特集】ハリウッド映画みたい? かっこいいNASA ミッションポスター
者の目:山崎宇宙飛行士の“私生活公開”=奥野敦史
【写真特集】月着陸から40年:アポロ 宇宙飛行士が見たもの
【関連写真】山崎宇宙飛行士:ISSで野口宇宙飛行士と対面

ワニ料理 不登校直した家族旅行を店名に 愛知で開店へ(毎日新聞)
<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)
<口蹄疫>「全頭処分、仕方ない」 宮崎の農家ら覚悟(毎日新聞)
<土砂崩れ>孤立の町、ダム湖でボート住民の足に 山梨(毎日新聞)
燦HD子会社役員を逮捕=女性の遺体遺棄容疑―大阪府警(時事通信)

<木村拓哉>和テイストの家具をスカウト 「月の恋人」で“共演”(毎日新聞)

 鳥取県東部の家具と和紙のメーカー12社でつくる「トットリプロダクツ協議会」が手がけた家具7点がテレビドラマ「月の恋人」にスカウトされた。主演の木村拓哉さんと“共演”する。24日放送の第3話からオフィスにソファや棚、照明器具などが登場するという。木村さん自ら、会の製品を紹介するホームページ「ガラン」を見て家具をチョイスしたという。

 メジャーデビューした家具はどれもモダンな和テイスト。首都圏で暮らす30代、40代の女性の感性に向けて「ブナの木」を活用して作られたという。

 会は県内の地場産業の融合と連携を目的に12社が昨年1月に結成。会のプロデューサー、白岡彪さん(69)は「鳥取は松葉がにやホルそばといった食だけではない。智頭の杉や青谷の和紙といった素晴らしい素材とそれを支えるモノづくりの伝統がある。作品を通して鳥取の評価が見直されればうれしい」と話している。

 ドラマはインテリアメーカーのオーナーを演じる木村さんと3人の女性をめぐるラブストーリー。木村さんの琴線に触れただけにデザインは本物。あとは“鳥取発インテリア”であることをどう周知させるかがカギになりそうだ。【加藤結花】

【関連ニュース】
「月の恋人」:主演はキムタク「思いっきり恋愛します」
久保田利伸:キムタク主演月9ドラマ主題歌が、自身初の着うた配信初日1位に
アイリス:韓国ドラマのロケ誘致バトル 鳥取・平井知事、手応えに自信

村井・長野県知事、8月の知事選不出馬を表明(読売新聞)
介護者を支える「ケアラーズ連盟」発足へ(医療介護CBニュース)
ベッカムも触った1億円の金塊きょう最後 実はレンタル…相場高騰(産経新聞)
<政倫審>小沢幹事長出席で閣僚ら公開求める 党には慎重論(毎日新聞)
原田大二郎が民主から出馬…山口選挙区(スポーツ報知)

インド軍との物資融通検討=国際貢献で連携、対中けん制も-防衛省(時事通信)

 防衛省は6日、インドとの間で、自衛隊とインド軍が食料や水、燃料などを融通できる物品役務相互提供協定(ACSA)の締結に向けた交渉に入る方針を固めた。国際貢献の分野で同国との協力関係を促進するのが目的。実現すれば、既に締結済みの米国や、現在交渉が最終段階を迎えているオーストラリアに次いで、3カ国目となる。
 北沢俊美防衛相は先月30日、訪問先のインドでアントニー国防相と会談し、人道支援や災害救援、国連平和維持活動(PKO)などの分野で具体的な協力を実現するために意見交換していくことで合意。北沢氏はその際、これらの活動を行う場合に、両国で物資などを相互に提供する枠組みづくりを提案していた。
 防衛省は今後、両国の実務者レベルで、具体化に向けた協議を開始したい考えだ。
 相互提供の内容に関しては、PKOや災害救援などに加え、日本やその周辺地域での有事の際の協力も対象となる日米ACSAではなく、非軍事分野での協力に限定した日豪ACSAを参考に調整するとみられる。ただ、「実現すれば中国にとっても圧力になるのは間違いない」(自衛隊幹部)との声もあり、軍備増強を続ける中国をけん制する思惑もありそうだ。 

【関連ニュース】
中国軍事費、透明性に懸念=日印防衛首脳が一致
北沢防衛相がインドへ出発
北沢防衛相、29日からインド訪問
防衛交流強化で一致=日中

不適切行為で老健施設に改善勧告―宇都宮市(医療介護CBニュース)
首相、17日以降に沖縄再訪問へ(読売新聞)
<高松塚古墳>「飛鳥美人」など公開(毎日新聞)
中畑清氏出馬!たちあがれ日本が比例代表で擁立(スポーツ報知)
<NPT会議>藤沢市長「具体的行動を」 父が原爆惨状目撃(毎日新聞)
プロフィール

Author:あきもとよしゆき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。